世間虚仮 ~せけんこけ~

マヤカシだらけの俗世で、あなたは何を信じる?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お肉のため

午前中に「笑の大学」を見ました。

役所浩司演じる情け容赦ない検閲官向坂と稲垣吾郎演じる座付作家椿。
二人は密室で上演許可を下すか否かの押し問答を繰り返すうちに
友情が芽生えるが、やがて二人に思いもかけない宿命が訪れる―
というストーリーです。
椿のモデルは榎本健一の座付作家・菊谷栄。
監督は「僕の生きる道」「古畑任三郎」の星護。

公式HP↓
http://warainodaigaku.nifty.com/

テンポはまずまず。結構笑わされました。
何気今川焼き食べたくなったし(笑)
でも最後はもうちょっと切なくしてほしかったなぁ。。。
エンドロールのせいで物語の終わり方に疑問を持っちゃうんだもの。
なんていうか…主人公はどうなったんだろう?っていう素朴な疑問が出てきちゃう。
菊谷栄の人生を知っている人ならいいけれど、
私みたいな無知な人が見るとなんだか「?」で終わっちゃう。
感動には包まれませんでしたが楽しめましたw
主な登場人物は二人しかいないという斬新さもいいと思いますし。

評価:★★★☆☆
出演者・原作・脚本には文句なし。<言葉の裏を読んでください;笑

なんだかすごく独断と偏見によるレビューになってしまった。。。
何かある方はコメントお寄せくださいな☆
見たことない人は是非見てみてください。
レトロ好きな方はストーリーだけでなくセットにもずいぶん惹かれるはずv
スポンサーサイト

Top

HOME

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

長月恵

Author:長月恵
ニーハオ!
関東の某大学で考古学を専攻する
しがない女子大生の管理人です。
ブログは基本日本語ですが、
中国語も時々混じります。
実は、半分中国人だったりします。
英語は話せません。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。